うつ診断は専門のクリニックで受けよう~ココロの病気をカルク~

うつ病の歴史

うつ病が知れ渡るまでの歴史

皆さんはうつ病という定義がいつから広まっていったかをご存じでしょうか。 意外にも知れられていないと思いますが、実は日本社会において今の「うつ病」としての症状の認知の認定は本当にごく最近(数年前)ということだということです。そのため、今までにうつ病として認定されていなかったといわれていた時に診断されてきた人は十分に支援してくれる団体が存在していなかったということを考えてみると、当時の日本人で心の病気を患ってしまった人はとても大変な状態になってしまっていたことがわかります。 ちなみに、欧米では今から20〜30年前には今と同じ認知意識になっていたといわれているため、日本よりも先にうつ病診断された患者への支援がしっかりとしていました。

日本社会の認知意識のこれからについて

今の時代はうつ病への意識がしっかりと見直されてきており、先ほど述べた支援をしっかりと受けれない状態はどんどん緩和されていくことがわかります。 ですが、それによってうつ病認定の基準が性格に定まったことで今までうつ病と認められていなかった人が認定され、周りの人とのコミュニケーションをしっかりととっていかなければならないと言えます。 診断されていなかった人への支援と接し方を変えるでだけでもうつ病になってしまった人の気持ちはだいぶ楽になるともいえるので、これからのうつ病への対応の仕方をすぐにでも変えていき、まだ自分が病気になっていることを診断してあげれる環境をどんどんつくってあげることが大切なのではないでしょうか。